水道水の放射能は怖いよね

東日本大震災が起きたとき、福島の原発の影響を受けて、水道水に放射能が混じっているのではないかと大問題になりました。測定値を連日テレビでも放送されていましたが、確かに基準値をはるかに超えるような放射能が水道水に混じっていたのがわかりました。この時、安心して水を水道から飲むことが出来ないことが取りだたされ、ペットボトルの水を購入しに走った人も多かったですが、店頭でも1人1本のみの限定販売であったり、場合によっては、ペットボトルが品切れになるという事態にも発展したのでした。ウォーターサーバーが家庭にあった家は、これがあったおかげで、安心して水を飲むことが出来たといっていましたが、水宅配や宅配水が、この頃からかなり注目され始め、安心した水を飲みたいと思っている人が、大勢注文に殺到したのでした。

水道水に含まれる放射能、これは料理などにも使う水でもありますから、体に入ることになります。ですから安心して水を飲みたいと思ったら、やはりペットボトルを購入するか、もしくは、ウォーターサーバーを取り付けたり、水宅配業者の力を借りることになるでしょう。大震災以降、安心して水が飲めなくなったこともあり、家庭への導入を検討している人は今とても増えているのが現状です。家庭で安心してて水を飲みたい人、また美味しい水を飲みたいという目的から、特に小さいお子さんがいる家庭で導入されています。水道水への放射能の影響はまだ続いているのかもしれません。