飲料水を販売しています

日本の水道水は長い間安全だと言われ続け、世界でも数少ない水道水が飲める国です。今でも飲用できる水と言われてはいますが、生活排水や土壌汚染などにより地下水や河川の汚染が進んでいるのが現状です。浄水場に集められた水は殺菌力を維持するがごとく塩素を大量に使われています。水道水にはその塩素が残っており、この残留塩素などの有害物質が長年に渡り私たちの体をむしばむ可能性があると言われています。

水道水に含まれる有害物質には残留塩素、鉛、トリハロメタンの3つが挙げられます。浄水場で大腸菌などの菌を殺菌するために使われたり、水道管を通る際に細菌が繁殖することを防ぐために使われる塩素ですが、殺菌効果が強いがために人体にとっても害を与える可能性が高いのです。水道管には鉛が使われるのが主流でした。ただ、長時間水道水を使用しないと、鉛が水道水に溶け出してしまう恐れがあることが分かり、今では使用を禁じられています。とはいえ、いまだに鉛管の利用率は高い状況です。

浄水場で塩素を用いて殺菌する際にトリハロメタンと呼ばれる発がん性物質が発生します。塩素を使えば使うほど、トリハロメタンの量も増えます。このトリハロメタンは短時間の煮沸では除去し切れないとも言われているので注意が必要です。いろんな危険が潜んでいる水道水ですから、もはや飲用するには躊躇してしまいますよね。そこで最近では飲料水を購入される方が増えてきているのです。飲料水購入へのニーズが高まり、飲料水の販売を手掛ける業者も急増してきました。毎日飲む水ですから、安全性の高いものを取り入れるようにしたいものですよね。